看護師のアルバイトご支援サイト

アルバイト看護師は需要と供給の両面から増加傾向にあると言われていますが、給与と福利厚生以外にも知っておくべきことがあります。

off
2016年2月22日 アルバイトのメリットデメリット

アルバイト看護師のマイナス面を知っておく

マイナス面を知っておくというのは、仕事探しにおいて重要だと思います。

決して悲観的な行為ではありません。

期待と違うことに戸惑い、精神的に耐えられなくなったので早期退職したアルバイト看護師は少なくありません。

◇給与は常勤看護師より低い

常勤看護師と同じように仕事をしていると思っても、給与面で同じ待遇は得られません。

常勤看護師には、時間的制約や責任という目には見えにくいプレッシャーに対する報酬が支払われています。

アルバイトにそれはありません。

「それは分かってはいるけれど、賞与の時期や、自分よりもスキルがイマイチの看護師が昇給という形で評価されているのを目にすると不公平感を感じることがある」という声がよく聞かれます。

また、常勤の看護師ですとスキルアップのための道のりを、ある程度職場の方でも考えてくれますが、アルバイトでは自分で切り開いていかなければならないという点もありますよね。->参考(URL:http://www.ohkubohospital.jp/kangoka/education/

◇ツライ/キツイ仕事が意図的に割り当てられることがある

アルバイト看護師が常勤看護師の待遇を羨ましく思うことがあるように、常勤看護師も「いいわね、アルバイトは○○○○で」とアルバイトの何かを妬ましく感じることもあります。

職場での力関係は常勤>アルバイトは明らかですから、辛くあたられたり、特にキツイ仕事を意図的に回されることもあります。

アルバイト看護師の採用・雇用経験の浅い職場、割合の低い職場では要注意です。

マイナス面も念頭において、気持ちの上で「これは仕事、雇用形態はアルバイトでも私はプロ」ときっぱり割り切って自信をもって仕事にあたれば、多少の困難は乗り切ることができるでしょう。

勤務先となる病院施設によって困難の内容も度合いも異なるでしょうが、頑張ってくださいね。